宝くじ

宝くじの特徴

a1

宝くじを1回でも買ったことがあるよという人が多いのではないでしょうか。 でもなかなか当たらないんですよね・・・ もし当たったとしても数百円という人の方が多いという人が多いと思います。

中には、何億というお金が当たったという人もいますが、自分の周りにはいないという人がほとんどだと思いますが、もし自分が当たった時にどうすればいいのかを知っておくといいことを書いていきます。知っておけば、後で後悔することがないと思います。

まずは、当たったらどこでお金を受け取ることが出来るかです。 お金を受けるのは、みずほ銀行の本支店でのみで換金可能だそうです。これは当たったことがない人は、知らないという人が多いのではないでしょうか。私は知りませんでした。

ですが、例外もあります。 1万円以下であればどこの銀行でも換金可能ですし、5万円マークが表示されているような宝くじ売り場であれば5万円までは、換金することが可能だそうです。 5万円までであれば、みずほ銀行に行かなくても換金することができ、それ以上の高額当選は、みずほ銀行のみと覚えておきましょう。 高額当選をしても、みずほ銀行が自宅の近くにないという人は、大変かもしれませんね。

そして高額当選をして換金しに行く時に何を持って行けばいいかです。 50万円以上を当選し受け取る時には、本人確認が必要になります。 本人確認書類として、健康保険証や運転免許証などと印鑑が必要になるので、忘れずに必ず持って行ってください。 もし忘れてしまい、当選くじだけを持って銀行に行っても、換金することが出来ませんので気をつけてください。

では換金しに行ったら、当日受け取ることが出来るのかについてです。 簡単に結果だけ言ってしまうと、受け取ることは出来ません。

その日に受け取ることが出来るのは、100万円までだそうです。これ以上は、後日現金渡しになるか振り込みになります。 ですが、ある程度の高額当選であっても、みずほ銀行の本店に限り、照合時間で約2時間程度待てば、当日に全金受け取ることが出来る場合があるそうです。 ここにも例外があり、6億円というような金額になると、通常でも2週間程度かかってしまうそうです。

そして税金がかかるのかについて書きます。 当選金付証票法13条に「当選金付証票の当選金品については、所得税を課さない」とあるようなので、税金はかからないそうです。 税金がかかってしまうと勘違いしている人もいるかもしれませんが、かかりません!!

ですが、お金をあげるとなると、贈与税がかかってしまうので注意しなくてはいけません。 先ほども言いましたが、当選金自体には税金はかかりませんが、年間110マネンを超える金銭の贈与は、最高剤率50%の贈与税がかかってしまうそうです。 もしも親に1億円あげるとした時は、4720万円の税金がかかってしまい、実際親が受け取ることが出来るのは、5280万円になってしまうのですで、気をつけてください。

また何億円などの当選をした時には、大きいですし重たいので、銀行振り込みにした方が良いでしょう。 現金で受け取るのであれば、アタッシュケースなどを自分で用意しなくてはいけません。 金額が大きすぎると、アタッシュケースの数が多くなってしまうので、サンタクロースが持っているような大きい袋も待ってくる人もいるようです。 このように現金で持って帰るのであれば、受け取った帰りは狙われる可能性があるので、すごく気を付ける必要があります。

どうでしょう参考になりましたか? このようなことをあらかじめ少しでも理解して頭に入れておくと、実際当選した時に少しでも役に立つのではないでしょうか。

それでは次に、実際当選したことがある人が体験したことを紹介していきます。当選した人は、全ての人が幸せになれるという訳ではなく、不幸になってしまう人もいるのです。

当選して報道され、泥棒に狙われてしまう人や当選した子供が誘拐騒ぎになってしまったり、当選金を換金した当日に、お金を奪われてしまったりなどと色々な事件が起きたこともあるようです。 他にも、お金を狙って近づいてくる人も多いと思います。詐欺師がお金を持っていることを嗅ぎつければ、ターゲットにされて狙われることが増えると思います。

なので当選したからと言って、全ての人が幸せになれるという訳ではないようですね。 もしかしたら、怖い目に合ってしまうかっもしれませんから、当選したら気を付けなくてはいけませんね。 外国などだと、拳銃を持っている人もいますから日本よりも危険性が高い気がします。

他にも、換金してお金があるからと言って、使い方を誤ってしまうとすぐにお金が無くなり逆に借金が出来ってしまったという人もいるようなので、使い方もしっかり考えた方が良いと思います。 しっかり使い方計画して、使うようにすればこのようなことはないと思うので、しっかり計画を立てるようにしてください。計画しないで好き勝手使っていると後悔してしまう可能性が高いので気を付けましょう。 このように気を付けなくてはいけないこともたくさんありました。

お金がないよりもあった方がいいとは思いますが、危険性を考えると生活に困らない程度にあれば十分なのかもしれませんね。

↑ PAGE TOP