お金 大切さ

お金の大切さ

お金の大切さについて紹介したいと思います。 普段生活していると、お金の大切さについてしっかり考えることってなかなかないですよね。 そして子供は、特にお金の大切さをわかっていないですよね。 小さい子供のうちは「あれほしい」「これほしい」となんでも欲しがってくる子が多いのではないでしょうか。また親は「ダメ」などと断ることが多いと思います。

ですが、断ったり怒るだけでは子供にお金の大切さを教えることは出来ないと思うので、どのようにしたら教えることができるのかを書いていきます。

1つ目は、子供がわかりやすいように例えてとしてあげる
子供に値段をいっても理解するのは難しいし、なかなか無理なことだと思います。なので値段を言うのではなくて、子供がわかるもので例えてあげると子供もわかりやすいですし、理解できるのではないでしょうか。

2つ目は、パパが一生懸命お仕事をしてもらったお金だよと教える
子供はお金がいつもあるものだと思い込んでいます。ですが実際は仕事をしてお金をもらっていますよね。 なのでそれを子供に教えてあげることが大切なのです。 子供が何かを欲しがった時や普段でもいいですが「お金はパパがお仕事を頑張ってくれるからあるんだよ」という風に教えてあげると、わかりやすいと思います。 私もこのように教えると「そうなんだ」と納得していました。そして少しは我慢できるようになってきました。

3つ目は、先の想像させること
先の想像をさせるというのは例えば、「お金がないとご飯が食べられないんだよ」とか「お金いっぱい使ったらどうなる」などと説明してあげると、理解しやすいのかもしれません。 一から十まで説明しても理解出来ないかもしれませんし、子供は長く話を聞くことができませんから、理解しやすく簡単に説明してあげた方が良いかもしれません。

4つ目は、自分でやらせてみる
お金管理を全てやるのはまだ無理ですが、少しだけでも挑戦させてみるとお金について理解できるのではないでしょう。 例えば「このお金で明日おやつを買ってね」などと自分でやらせてみると、子供は自分でお金を払ったりするが好きなので、楽しみながらお金の大切さを教えることが出来ると思います。お金を自分で使わせれば、徐々にですがその金額範囲内でやりくりしていくようになると思います。 そして折る程度の年齢になったら、お小遣い制にしているという人もいますから、お小遣い制にすればやりくりが出来るようになると思います。

5つ目は、お手伝いをさせてお金をあげ、稼ぐことを体験させる
何か子供にお手伝いをさせて、お手伝いをしてくれたこらと少ないお金をあげると、お金を稼ぐことがどういうことなのかも体験できますし、お金が少ししかもらえないことで、お金を稼ぐ大変さを知ることが出来るのではないでしょうか。 そしてそれを貯めて何に使うのかなども一緒に考えてあげるといいでしょう。

6つ目は、会話をしながらお買い物をする
お買い物をする時に子供がいると大変ですが、お金の大切さを教えるためにも連れて行くといいでしょう。 普段お財布と相談して買い物をしている所を見えるのも効果的だと思います。 例えば「これを買うなら、あれを諦める」などを話したりするといいでしょう。 子供は、大人の何気ない言葉や行動をしっかり見ているので、そのような姿を見えるのはすごく大切です。

7つ目は、必要なものなのかを自分で考えされる
先ほども言いましたが、子供は何でも欲しがります。なので子供に「これは本当に必要なものなのか、ただ欲しいものなのか」ということを聞き、自分で考えさせるようにしましょう。 必要な物であれば買うようにして、ただ欲しい物であれば特別な日に買うことを教えると、「~はこの日に買ってね」という考えになってくると思います。 私の子供も「誕生日に買ってね」と理解してくれるようになりました。

どうでしょうか、参考になりました? 既にやっているよという人は、そのまま続けていただければいいですし、やっていない人であれば、やってみるといいかもしれません。 子供はすぐに理解することは出来ませんから、子供が嫌がらない程度に教えていくことが大切だと思います。

ただ怒っているだけでは、子供が嫌がり理解もしませんから、このように工夫して教えていくことで、子供も嫌がらずにお金の大切さを知ることが出来ると思います。

お金の大切さを教えることは、親の役割の1つでもあると思います。 そしてお金の大切さをしっかり教えてあげないと、大きくなってからでは治すことはなかなか出来ません。 大きくなっても大切さがわからなければ、お金の使い方が粗く、浪費ばかりしてしまうと思います。またもしかしたらすごく借金をしてしまうかもしれません。

自分の大切な子供がそのようにならないように、小さいうちから教えておくことが大切なのです。なので子供のためにもしっかり教えてあげましょう。

↑ PAGE TOP