希少価値 お金

希少価値のあるお金

今回は、希少価値のあるお金について書いていきたいと思います。 希少価値のお金を集めている人は、普段からきにしてお金を見ているかもしれませんが、そうでない人は、お金をよく見ることはあまりないのではないでしょうか。

国内で流通している硬貨は、発行年度により発行枚数に違いがあります。 そのためにプレミア価格のついている硬貨があるのです。

集めている人であれば、年度などを覚えているかもしれませんが、そうでない人は年度を見たとしても判断は出来ません。

ではどうして希少価値のある硬貨が出来ると思いますか? 基本的な理由は、発行枚数の少なさだそうです。少ないほど希少価値が上がるのです。 枚数なんてわかんないよと思う人がいるかもしれませんが、貨幣の発行元の造幣局が毎年発行枚数を発表しているようなので、興味がある人は見てみるといいかもしれません。

既にプレミア価格がついている硬貨がたくさんありますが、数年では1円、5円玉の発行枚数が少ないそうです。それは電子マネーを使用している人が多くなり、流通量が足りているので少ないと考えられています。

発行枚数の少ない年度をチェックしておくと、将来的に値上がりするかもしれない貨幣を予測することが出来るでしょう。

では今現在希少価値が付いている年度と価格を書いていきたいと思います。
・1円玉
平成23年~平成25年→400円~
平成13年→20円~
平成22年→18円~
平成14年→10円~
平成12年→6円~
昭和64年→3円~

平成23年~平成25年の物は、期初価値が付いていて、造幣局が発行する貨幣セットで流通するのがほとんどで、市場で流通されることがないと考えられ、価値が400倍以上になっているようです。 使用していてもいいようですが、もし未使用の物であれば希少価値がさらに上げるそうです。

・5円玉
平成22年~平成25年→800円~
平成21年→500円~
平成12年→25円~
昭和42年→24円~
昭和32年→22円~
平成18年~平成20年→20円~
昭和34年~昭和35年→18円~

昭和24年~昭和33年までに発行された5円玉は、今現在の5円玉とは書体が違うので、この頃の5円玉には、ファンが多くいるようです。 ですが、発行枚数が少なくなかったのか希少価値が高くないのかもしれません。

・10円玉
昭和33年→60円~
昭和32年→25円~
昭和34年→22円~
昭和30年→20円~
昭和61年→18円~
昭和64年→17円~

これを見てもわかると思いますが、10円玉は基本的に発行枚数が多いのでプレミアがつきにくいようです。 希少価値が付いている物は、全て昭和の物ばかりですね。 そしてギザ10は価値が高いと思っている人が多くいますが、それは勘違いで発行枚数が少ない年代がたまたまギザ10の年代とかぶっただけだそうです。 ギザ10は、誰でも知っていると思いますし、希少価値があるものがわからないという人でも、10円玉がギザギザしているのですぐにわかると思います。

・50円玉
昭和62年→3000円~
平成22年~平成25年→1400~
平成21年→100円
平成12年~平成13年→90円~
平成14年~平成15年→75円~
平成16年~平成20年→70円~
昭和60年~昭和61年→68円~

50円玉は、5円玉と同じように発行枚数が少ない硬貨でプレミアが付きやすいそうです。 ですが、市場に出回っている年代も多数含まれるそうです。 また5円玉もそうですが、穴の位置がずれているような硬貨(エラー硬貨)が出やすいというのも特徴になっています。

・100円玉
平成13年→130円~
平成14年→110円~

100円玉の発行枚数は、毎年安定して多く発行されるのでほぼプレミアが付かないようです。
100円玉は、電子マネーを使用している人が多い中でも、影響なく大量発行されています。


・500円玉
昭和62年→1400円~
昭和64年→550円~



500円玉も100円玉と同じように、毎年の発行枚数が安定しているので、プレミアが付く年代が少ないです。 昭和62年には、277.5万枚を発行されていたので最高値が付いているのです。

このように希少価値が決められていますが、発行されて市場に出回るか貨幣の枚数は変わらないので、希少価値がいきなり暴落することや高騰することは、基本的に考えれば起きにくいのですが、それぞれの価値が決まるのは、コネクターなどの需給バランスなので、それを欲しがる人がいなければ価値が下がるのが当たり前のことなのです。

今からでも集めたいと考える人や、気になるという人は、毎年発行枚数が発表されるのでチェックして、価値が上がりそうな貨幣を持っているのであれば、使わずにしっかり手元に置いておくといいでしょう。 そうすることで希少価値のある貨幣を手に入れることが出来るかもしれません。

貨幣ではありませんが、私は昔のお札の100円札を持っています。 価値はないのかもしれませんが、価値とかの問題ではなく、もう作られていないものですし、珍しいので、母からもらい今でもしっかり残してあります。

今は貨幣になりましたが、昔は紙幣の100円なんて今は見ることはありません。 すごく珍しいものなので価値がなくても、残しておきたいと思います。

今回は、希少価値のある貨幣を紹介しました。 もしかしたら気づかないだけで、あなたのお財布に入っているかもしれませんから、確認してみてはどうでしょうか。 そしてあったのなら、しっかり残しておくといいでしょう。

↑ PAGE TOP